女性たち

合格するためには医学部予備校探しが重要|目指せ現役合格!

このエントリーをはてなブックマークに追加

学校の選択

レディたち

自宅の近所に学校がない場合などに、通信制高校を利用すると便利です。また最近では千葉にこのようなサービスを提供している学校がありますので、インターネットなどで調べてみましょう。費用については学校によって違いがあります。

もっと読む

本気で医学部を目指すなら

女教師

有利な環境を活かすこと

福岡県には国立、私立合わせて4つの医学部を持つ大学があり、この数の多さは、東京と大阪に続く順位となっています。このような経緯から、医学部受験の熱が高い傾向があり、医学部予備校の人気も集めています。また、各大学とも九州各県をはじめ、西日本の優秀なライバルたちが進学を目指すこともあり、競争は激しくなっています。このような事情があるため、注意点として、福岡の医学部を目指すには、少しでも早い時期から医学部予備校に通い、早めに対策を行っておくことが挙げられます。福岡には、大手進学予備校があり、加えて、少人数制を特徴としている中小規模の医学部予備校もいくつか見られます。このような有利な環境を活かし、早い段階からフォーカスを絞った勉強を進めておくことが、医学部現役合格へとつながります。

どんな予備校を選ぶのか

福岡の医学部予備校は、先ほど述べたとおり、大手進学予備校や少人数制を特徴とする中小規模の予備校が挙げられます。いずれも、福岡県内の大学医学部への合格実績を多数持つとともに、全国各地の大学への合格実績も持ってる予備校ばかりです。しかしながら、本気で医学部合格を目指すのであれば、とにかく勉強に集中することができる環境を選ばなければなりません。大人数で競争意識が養えるなら、大手進学予備校を選んで問題はないでしょうが、大人数だと集中できない、ついつい遊んでしまうという方は、別の選択をすべきです。この点、面倒見の良さを特徴としている医学部予備校では、少人数制や個別指導を実施することで、苦手分野を大きく伸ばすことで合格を目指せる体制が整っています。また、寮制度を採用する塾では、自習室がいつでも使え、質問がいつでもできる状態であり、常に勉強できる環境が整っています。

志望校に合わせた受験対策

男性

医学部を受験する際には国立か私立を希望しているかで入学すべき予備校が異なります。また、それぞれの志望校に合わせたカリキュラムを選択する事も重要で、合格者数やクラス編成などもリサーチした上で予備校を選ぶ事が大切です。

もっと読む

短期大学が減る背景

女学生

全国的に短大の数が減っています。特に4年制大学と競合する学科の閉鎖が目立ちます。少子化の影響と4年制が重視される風潮が影響しています。その中で、生き残りをかけて、資格取得の機会を提供する短大も増えています。より高い学びの機会を提供するため、4年制への編入も推奨しています。

もっと読む